カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声
    新そばのご予約注文

苗の種まきと育苗ハウス

5月からの田植えに向けて、稲の苗作りが始まりました。

育苗用のハウスは全部で18棟あり、苗箱の数にして15,000枚程の苗を育てます。



床土で使う土は、石や木の根などを取り除き「もみ殻くん炭」を混ぜます。
苗の根が張りやすいフカフカの土が出来上がります。

播種機はオートメーションで、「床土をまき」→「散水」→「種もみをまき」→「散水」→「覆土」と進んで行きます。

最後に、パレットに隙間を空け並べたら、温床に乗せ温度をかけ、「出芽(発芽)」させます。



3日で芽が発芽するので、その後育苗ハウスに移します。

育苗ハウスは、いわゆる「プール育苗」で、ハウスの床面を2重のビニールで覆い、水を溜められるようになっています。

発芽した苗をビニールの上に並べ保温用のシートを覆い、
緑化したら水を張ります。



苗並べは、2年前より自動で育苗箱を並べてくれる「苗並べ機ベルノBJX-4」という機械を導入。

苗を並べるスピードが上がり、身体への負担も軽減しました。

【稲作の播種作業とハウス育苗】

ページトップへ