カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 
年末年始、営業のご案内
そば粉の商品一覧ページです。
 

常陸秋そばのルーツ①

筑西市にある「そば処 朋」さんにお聞きした、そばに関するいろいろなお話を記事にしました。

筑西市そば処 朋

今回は「常陸秋そば」のルーツについてのお話です。
「常陸秋そば」が種の形式として確立してから28年がたちます。
茨城県金砂郷の赤土地区で作られていた在来種が元になって、選抜した種を改良し、その中から粒の大きな物を(もともと在来種は粒が小さいので)選んだのが始まりです。

赤土で品種改良した種を厳選して「常陸秋そば」の原種を作ったんですね。

金砂郷 赤土の常陸秋そば

その原種を守るために現在では、3段階方式をとっています。1番目に県の茨城県農業総合センターで栽培し不良の物を排除。最大の種と最小の種をはぶき粒揃えをします(これを原原種と言います)。

2番目にその種を翌年、山方町(現、常陸大宮市)の農家数軒で栽培し増やします(これが原種です)。

3番目にその翌年、金砂郷の採種農家で栽培し農協などを通じて一般農家に出回る訳です。

試験場で原原種を栽培してから4年目にやっと食べる為のそばの実が出来上がるんですね。

【つづく】

ページトップへ